ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > めざせ!健康寿命日本一おおいた > 大分県の糖尿病対策(相談医等)について

本文

大分県の糖尿病対策(相談医等)について

印刷ページの表示 ページ番号:0002055675 更新日:2024年5月13日更新

 令和元年「国民健康・栄養調査」の結果では、糖尿病が強く疑われる者の割合は、男性は19,7%、女性では10,8%となっています。大分県の糖尿病の総患者数も約34,000人(平成26年患者調査)と推計され、増加傾向にあります。

糖尿病は、食生活、運動、飲酒、喫煙等の生活習慣を改善することで予防コントロール可能な疾患です。毎年の健診を受診し、自分自身の健康管理を行いながら糖尿病を予防しましょう。また、健診で異常を指摘された場合には、早くに医療機関を受診しましょう。

 糖尿病の代表的な合併症は「糖尿病性網膜症」や「糖尿病性腎症」などの細微な血管を傷つける病気や「脳卒中」などの大きな血管にダメージを及ぼすものがあります。近年では、「がん」や「認知症」などがの新たな合併症も注目されています。

糖尿病は誰もがかかる可能性のある生活習慣病ですが、定期的な健診等で糖尿病のリスクを知ることが重要です。また、糖尿病になれば適切な治療を受けることで、さまざな合併用を防ぎ、生活の質(QOL)を保つことができます。

 

おおいた糖尿病相談医とは

糖尿病及びその予備群のかたを日頃から診療する主治医(かかりつけ医)が、より早い段階から適切な医療及び生活指導を提供し、糖尿病専門医と適切連携を行える体制の整備、地域における糖尿病診療の窓口となる医師の養成を行い、円滑な医療連携の推進を図るものです。平成28年度から養成を開始しています。

おおいた糖尿病相談医 設置要綱 [PDFファイル/84KB]

様式1号 同意書 [PDFファイル/38KB]

様式2号 登録変更届 [PDFファイル/33KB]

様式3号 登録抹消届 [PDFファイル/33KB]

様式4号 研修会等指定申請書 ※単位申請の方はこちらから [PDFファイル/42KB]

【おおいた糖尿病相談医更新研修の申請方法について】

 1.様式第4号に必要事項を記載

 2.大分県医師会地域保健課へ提出

    E-mail:chihoka@oita.med.or.jp

    Fax     :097-532-9121 

※おおいた糖尿病相談医の方へ
 単位数や更新期限の確認についても、上記「大分県医師会 地域保健課」へお問い合わせください。

 

●登録プレート

おおいた糖尿病相談医プレート(例)

●おおいた糖尿病相談医の設置について

連携イメージ

※近隣の専門医の検索(日本糖尿病学会ホームページ) → 大分県内の専門医一覧

おおいた糖尿病相談医の役割

(1)特定健診等で、糖代謝異常を指摘され、「医療機関受診」を進められた方へ、適切な介入を行います。

(2)軽症の糖尿病患者の日常診療、及び管理について中心的な役割を担います。

(3)糖尿病専門医療機関や慢性合併症治療を行う医療機関と連携します。

(4)糖尿病療養指導士等をはじめ、地域の多職種と連携し、診療に当たります。

(5)地域における保健所や市町村と連携を行います。

おおいた糖尿病相談医名簿

診療時間や診療内容については、医療機関により異なりますので、受診する際には医療機関にお問い合わせください。

【大分市】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/97KB]

【中部(大分市以外)】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/51KB]

【別府市】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/56KB]

【東部(別府市以外)】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/42KB]

【西部】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/40KB]

【南部】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/36KB]

【豊肥】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/30KB]

【北部】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/53KB]

【その他】おおいた糖尿病相談医名簿 [PDFファイル/16KB]

【注意】一部、氏名の漢字を略字体にて表記しています。順序は郵便番号順です。

おおいた糖尿病相談医の新規登録・更新について

【新規登録について】

・R5年度の新規養成者研修は終了しました。

・R6年度の新規養成者研修は、詳細が決まり次第ご案内いたします。

【更新について】

・有効期間は、登録後3年間となっており、次回更新までに15単位の取得が必要です。

 更新に係る研修は、大分県医師会報または大分県糖尿病臨床医会ホームページに掲載しています。そちらをご参照ください。

・単位数や更新期限の確認については、大分県医師会 地域保健課(TEL:097-532-9121)へお問い合わせください。

世界糖尿病デー(11月14日)

糖尿病の治療に必要なインスリンを発見したカナダのフレデリック・バンティング博士の誕生日にちなんで11月14日は「世界糖尿病デー」と制定されました。またこの日を含む1週間は「全国糖尿病週間」です。世界糖尿病デーのキャンペーンには、青い丸をモチーフとした「ブルーサークル」が用いられます。

大分県内では、大分県糖尿病対策推進会議の共催により世界糖尿病デー記念講演会2023in大分として以下の取り組みが開催されました。


参考)令和5年度の取組

  世界糖尿病デー記念講演会2023in大分 

 「知っちょんかえ?糖尿病~大人も子どもも食について考えよう~」

   日時 令和5年11月19日(日曜日)午前10時から11時

   場所 J:COMホルトホール大分 大ホール

   特別講演1 

    「10歳児童の肥満と血清脂質の長期トレンド」

          大分大学医学部小児科学講座 教授 井原 健二 氏

   特別講演2 

    「子どもの食生活について」

          おおいた健診センター 

          管理栄養士 糖尿病療養指導士 安藤 美和 氏

世界糖尿病デー記念講演会2023in大分 [PDFファイル/309KB]  


 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


健康寿命日本一おおいた創造会議
ロゴマーク、キャッチコピー
生活習慣病対策