ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ >                       > 4月から成年年齢は「18歳」になりました!

本文

4月から成年年齢は「18歳」になりました!

印刷ページの表示 ページ番号:0002172292 更新日:2022年4月1日更新
2022年4月1日から成年年齢は18歳になります
悪質商法にご用心!
4月から成年年齢は「18歳」になります!

なぜ成年年齢を引き下げるのでしょうか?

 18歳や19歳の若者の自己決定権を尊重し、積極的な社会参加を促すことを目的としており、世界的にも18歳を成年年齢とするのが主流です。
 また、すでに公職選挙法の選挙権年齢や憲法改正国民投票の投票権年齢は、18歳に引き下げられています。

 未成年者の場合、契約には親の同意が必要。もし未成年者が親の同意を得ずに契約した場合は、未成年であることを理由にその契約を取り消すことができます(未成年者取消権)。しかし、成年に達すると親の同意がなくても自分で契約ができるようになる一方、「未成年者取消権」を行使できなくなります。

18歳・19歳に気を付けてほしい消費者トラブル 最新10選

  1.副業・情報商材やマルチなどの"もうけ話"トラブル
  2.エステや美容医療などの"美容関連"トラブル
  3.健康食品や化粧品などの"定期購入"トラブル
  4.誇大な広告や知り合った相手からの勧誘など"SNSきっかけ"トラブル
  5.出会い系サイトやマッチングアプリの"出会い系"トラブル
  6.デート商法などの"異性・恋愛関連"トラブル
  7.就活商法やオーディション商法などの"仕事関連"トラブル
  8.賃貸住宅や電力の契約など"新生活関連"トラブル
  9.消費者金融からの借り入れやクレジットカードなどの"借金・クレカ"トラブル
10.スマホやネット回線などの"通信契約"トラブル

 ※詳細は国民生活センターホームページまで

関係省庁リンク