ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 農林水産研究指導センター林業研究部 > 「スギさし木苗増産に向けた採穂・育苗方法の提案(平成27年度~令和2年度)」を掲載しました。

本文

「スギさし木苗増産に向けた採穂・育苗方法の提案(平成27年度~令和2年度)」を掲載しました。

印刷ページの表示 ページ番号:0002134666 更新日:2021年3月30日更新
スギさし木苗増産に向けた採穂・育苗方法(II)の表紙画像
 大分県では、主伐の増加に伴い再造林のためのさし木苗の需要が急増しており、苗木の増産に関する技術が求められています。
 平成27年度から平成29年度に行った「スギさし木増産に向けた採穂・育苗方法(Ⅰ) -ミニ穂の活用・根切りによる徒長抑制- 」の継続研究として、平成30年度から令和2年度には「スギさし木増産に向けた採穂・育苗方法(II) -ミニ穂活用による採穂量調査・育苗試験- 」を実施し、その成果をまとめました。
 この成果を活用して苗木の増産が図られることを期待しています。

 掲載内容に関するお問い合わせは林業研究部 企画指導担当までご連絡ください。

※大分県は利用者が掲載データを使用する権利を下記条項に基づき許諾します。
・利用者は、掲載データに対して、変更を加えること、営利を目的とした再配布を行うことはできません。
・大分県は、掲載データの内容を予告なしに変更する場合があります。
・掲載データの使用等により生じたいかなる損害についても大分県は一切責任を負いません。
・掲載データの著作権その他一切の権利は大分県が有しており、著作権法等の法律及び国際条約により保護されています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)