ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活環境部 > 消防保安室 > 大分県における傷病者の搬送及び受入れの実施基準について

本文

大分県における傷病者の搬送及び受入れの実施基準について

印刷ページの表示 ページ番号:0002112460 更新日:2022年4月1日更新
 県では、全国的に頻発した「搬送先選定困難事案」の解消等を目的とした、「傷病者の搬送及び受入れの実施基準」を平成23年3月31日に策定しました。

傷病者の搬送及び受入れの実施基準について

傷病者の搬送及び受入れの実施基準策定の概要

 全国的に頻発した「搬送先選定困難事案」の解消を主な目的として、平成21年10月に改正消防法が施行され、都道府県毎に「傷病者の搬送及び受入れの実施基準」を策定するよう定められました。
 これを受け、県では、この実施基準を策定するための審議会として「大分県救急搬送協議会」を平成22年2月に設置し、検討が進められました。
 平成23年3月30日には、協議会による原案が県知事に具申され、翌31日に本県における「傷病者の搬送及び受入れの実施基準」を策定しました。
 直近の改定は、令和4年4月に行っています。

傷病者の搬送及び受入れの実施基準

※県民の皆さんへ 掲載の医療機関リストは、救急隊が使用するものです。皆さんが直接受診する際の使用はお控えください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)