ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > つや姫

本文

大分つや姫のページ

印刷ページの表示 ページ番号:0001066181 更新日:2018年8月16日更新
大分つや姫に関する情報を配信しています。

「つや姫」の来歴および経緯

 「つや姫」は、山形県で育成された品種で、他県の産地とも連携し、全国に誇れるトップブランドを目指しています。
 大分県では、平成23年から奨励品種として推進しています。

「つや姫」の主な特性

「ヒノヒカリ」と比較して以下のような特徴があります。
(1)2週間ほど早く成熟する極早生品種
(2)草丈が短く、倒れにくい
(3)夏場の高温による品質低下(白未熟粒)が発生しにくい
(4)いもち病抵抗性品種

食味の特徴

その1 「ツヤ」があり、炊きあがりの白さと光沢が優れています。

その2 適度な粘りがあって、しかもごはんの粒がしっかりとしています。

その3 コシヒカリと同等以上の良食味です。


~冷めてもおいしいので、おにぎりやお弁当にも最適です!!~

生産のこだわり

その1 生産者を限定
「大分つや姫」は、関係機関に登録を行った生産者のみが栽培しています。

その2 安心・安全な米づくり
化学肥料や化学合成農薬の使用量を慣行の半分以下にする栽培(特別栽培米基準)を行い、安心・安全な米作りに取り組んでいます。

「大分つや姫」生産者登録制度実施要領(2020年11月11日改正) [PDFファイル/86KB]

 

作付状況

大分県内での「つや姫」の栽培面積は年々増加しています。
つや姫面積推移

大分つや姫のシンボルマークについて

大分つや姫シンボルマーク
“米”の文字を図案化したデザインとなっています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)