ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 森林整備室 > 新栄合板工業株式会社による「ヒノキ造林の推進」への支援について

本文

新栄合板工業株式会社による「ヒノキ造林の推進」への支援について

印刷ページの表示 ページ番号:0002166556 更新日:2022年3月30日更新

 大分県では、令和元年11月18日に新栄合板工業株式会社、大分県森林再生機構、県の3者により、「ヒノキ造林の推進に関する協定」(令和7年3月まで)を締結し、県内で行われるヒノキ苗木による再造林やシカネットなどの鳥獣害防止施設の整備及びヒノキ苗木の生産への支援として、新栄合板工業株式会社から寄付をいただいており、「新栄合板工業株式会社寄付金活用事業」を実施しています。

 この支援(寄付)により、令和4年3月までに約5haの再造林、約3,000mの鳥獣害防止施設の整備、約24万本のヒノキ苗木の生産支援を進めることができ、令和4年度(令和5年3月末)も引き続きその取り組みを実施しています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)