ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 農林水産部 > 新規就業・経営体支援課 > 経営継承の推進(継承事例集用)

本文

経営継承の推進(継承事例集用)

印刷ページの表示 ページ番号:0002217906 更新日:2023年3月3日更新

経営継承について

「大分県農業経営継承事例集」を刊行しました

 農業経営者の高齢化が進んでいることや、後継者が不在の農業経営者がおよそ8割にのぼることから、円滑な継承に向けた意識の醸成のため、経営継承の歩みやポイントをまとめた「大分県農業経営継承事例集」を初めて作成しましたのでお知らせします。
経営継承事例集

事業継承士 伊東悠太郎さんに経営継承について聞いてみました!!

インタビュー動画画像

【大分県版】農業者のための事業承継ブックの紹介

              はじめに

 大分県の基幹的農業従事者の平均年齢は70.1歳です。九州では最も高く、また大分県の他産業の経営者の平均年齢60.1歳と比べても10歳高くなっています。加えて、後継者に関する調査では約8割の方が後継者不在と回答されました。
 このため、県では令和3年度から農業の経営継承を推進する取組を強化し、未来に続く経営体を育成するため、経営継承の「(1)意識啓発期」、「(2)準備期」、「(3)継承期」の3段階のステップに応じた支援体制を構築しました。まず、啓発研修会等を通して経営者の方々に経営継承の重要性を認識いただき、次に経営継承コーディネーターを配置することで継承に向けた話し合いを進め、さらには、専門家の助言による経営継承計画の作成を支援します。
 経営継承は100人100通りです。それぞれの経営体や地域の実情に応じて、取り組むべき内容も支援していく内容も様々ですが、県は関係機関とともに、寄り添い、解決に向けてお手伝いをさせていただきます。
 今回、事業の一環として、県内の農業者の皆さんや支援に携わる関係機関からもご意見を頂戴し、大分県版の「事業継承ブック~未来に向けた話し合いのきっかけに~」を発刊することとしました。本冊子の流れに沿って取組を進めていただくことで、より良い話し合い、より良い計画づくり、そして実践が出来るのではないかと思います。是非ご活用いただき、1人でも多くの経営体で円滑なバトンパスができることを願います。

                            令和4年3月
                             大分県農林水産部
                              部長 佐藤 章
事情承継ブック1
事業承継ブック2
※ 「事業承継ブック」については、お近くの県振興局生産流通部もしくは大分県農林水産部新規就業・経営体支援課にお問い合わせ下さい。

参考:外部リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)