ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 生活環境部 > 生活環境企画課 > 横断歩道マナーアップに向けた取組
~思いやり(重い槍)を持とう!~

本文

横断歩道マナーアップに向けた取組
~思いやり(重い槍)を持とう!~

印刷ページの表示 ページ番号:0002172046 更新日:2022年9月8日更新
サムネイル用画像
 横断歩道は歩行者の聖域です。しかし、横断歩道を渡っていた歩行者が犠牲になる事故がまだまだ後を絶ちません。
 大分県では、ドライバーと歩行者の双方が、横断歩道で「手を上げる・差し出す・会釈をする」などの思いやりや感謝の気持ちを示すアクションを行うよう呼びかけています。
 JAFの調査によると、「令和3年度信号機のない横断歩道における車の一時停止率ランキング」の全国1位は長野県の85.2%ですが、大分県は30.1%と大きな差があります。横断歩道マナーアップのため、停止率No.1の長野県の戦国武将真田幸村が登場する動画をYouTubeで公開しております。ランディングページと一緒に是非ごらんください!ドライバーと歩行者とで思いやりの連鎖を繋げ、交通事故ゼロの大分県を目指しましょう!

1 専用ページ

本事業の概要・動画の補足等記載したページです。
是非動画と併せてご覧ください。
QRコード

2 動画

 第壱話「幸村登場!唸れ、重い槍!」
 第弐話「町娘、これぞ思いやりの交換よ!」
 第参話「良きかな!歩行者からの挨拶返し!」
の3話あります。是非下記よりアクセスをお願いします。

3 令和2年度交通安全ファミリー作文コンクール  内閣総理大臣賞受賞作品

本事業のきっかけとなった令和2年度交通安全ファミリー作文コンクール内閣総理大臣賞受賞作文のご紹介です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)