ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 商工観光労働部 > DX推進課 > 「冬のDigi田(デジデン)甲子園」応募開始について

本文

「冬のDigi田(デジデン)甲子園」応募開始について

印刷ページの表示 ページ番号:0002202550 更新日:2022年11月2日更新

国は、「デジタル田園都市国家構想」実現に向けた機運醸成を全国で図る観点から、幅広く民間企業や団体などの様々な主体の取り組みを募集し、特に優れたものを内閣総理大臣賞として表彰する『冬のDigi田(デジデン)甲子園』を開催します。

下記、募集要項をご確認頂き、積極的な応募をお待ちしております。

 

「冬のDigi田甲子園」の概要

令和4年度「冬の Digi 田甲子園」 募集要項

デジタルの活用により、地域の個別課題を実際に解決し、住民の暮らしの利便性と豊かさの向上や、地域の産業振興につながっているもの。
※既に実装が行われ、成果が上がっているものを対象とします。

(1)募集期間

令和4年 10 月 28 日(金曜日)~12 月 20 日(火曜日)

(2)募集取り組み

(1)医療・介護・健康

遠隔診療、介護ロボット、データヘルス

(2)教育、子育て

遠隔教育、デジタルを活用した教材、母子保健、子どもの見守り

(3)交通、物流

自動運転・デマンド交通、ドローン物流、Maas

(4)企業の生産性向上

中小・中堅企業 Dx、就労環境の改善、スタートアップの支援

(5)農林水産業、食関連

農業機械の遠隔操作、漁業 Dx、デジタルを活用した食品開発

(6)観光、文化、娯楽

観光アプリ、デジタルアート製作、文化の情報発信

(7)防災、安心・安全の確保

罹災時の状況把握、平時のコミュニティ形成・見守りサービス

(8)グリーン社会の形成

脱炭素につながる取り組み

(9)誰一人取り残されない社会

高齢者・障がい者等のデジタルデバイド対策

(3)募集対象

企業や団体その他の民間の主体。
※地方公共団体との協働実施の取組も応募可能です。

(4)選考方法

・募集(10 月 28 日~12 月 20 日)

※書類提出後、動画アップロード用のURLが事務局より送付されます。

・有識者による事前審査

・インターネット投票及び有識者による審査(1 月中旬~2 月中旬)

・受賞者決定

※また、ネット投票には進めなかった取組であっても、他の地域での導入が期待される優良事例について、取組の横展開を促進するため、デジタル田園都市国家構想ウェブサイトに「メニューブック」として掲載し、広く発信する予定です。

(5)評価ポイント

(1)地域の課題解決・魅力向上(構想の実現)へ貢献する取り組みであること

デジタルの活用により人口減少や産業空洞化などの課題を解決する手段として、利便性・豊かさや生産性の向上、関係人口の創出などによる人の流れづくりに貢献する取り組みであるか

(2)独自性・先進性のある取り組みであること

従来の思考にとらわれない取組や、新しい技術・仕組みを活用した取り組みであるなど、デジタルを活用した創意工夫あふれる独自の取り組みであるか

(3)持続性・発展性のある取り組みであること

一過性のものではなく持続的な発展が見込まれる取組として、取組の費用対効果や利用主体の継続的なサービス利用が見込まれる取組であるか

(4)他地域への横展開が期待される取り組みであること

多くの利用者に活用されている取り組みであり、他の地域や分野、業種等にも展開が期待される取り組みであるか

(6)応募方法

以下の要領に沿って資料を作成し、取り組みを行っている場所のうち、最も実績・効果をあげている地域の都道府県に提出して下さい。なお、複数の都道府県で行われている取り組みの場合は、応募フォーマットの「最も実績・効果をあげている地域」に記載した場所の都道府県に御提出下さい。

 ★大分県提出先… a14280@pref.oita.lg.jp 

 (大分県 商工観光労働部 Dx推進課)

(1)応募フォーマット

下記URLより応募フォーマットをダウンロードし、必要事項を記入して下さい。

URL)https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/digitaldenen/archives/koushien/index.html

(2)取り組み内容の補足資料

補足資料がある場合は、(1)とともにご応募下さい。

補足資料はPDFで作成し、A4(縦横自由)、ページ数3ページ以内、ファイル容量は5MB以下として下さい。

(3)取り組みを紹介する動画、サムネイル

取組内容を紹介した動画、サムネイルを作成して下さい、(1)(2)を応募後に、改めて提出していただきます。
具体的な提出方法については、10 月 28 日~11 月 30 日までに応募されたものは12 月初旬頃、12 月 1 日~20 日までに応募されたものは応募締め切り後に、内閣官房より問い合わせ先にご連絡します。

※取組を紹介する動画及びサムネイル作成時の注意事項は、別添1参照。

 

(応募件数)

1つの取組につき1件までの応募として下さい。

※1企業・団体が異なる取組を複数エントリーすることも可能です。

(7)応募にあたっての注意事項

・応募に当たっては、日本国内に拠点を置く企業または団体その他の民間の主体に限ることとします。ただし、公序良俗に反する、または企業・団体に暴力団関係者が含まれる等、社会通念上不適切な企業、団体は除きます。
・提出された応募書類等に不備がある場合、審査対象から除外する場合があります。
・審査の過程において、必要に応じて追加資料の提出や内容の照会をする場合があります。
・審査の内容はいかなる場合においても不開示といたします。
・応募要領に記載された応募要件に反する場合、応募内容に虚偽がある場合、重大な法令違反や行政処分などが発覚した場合には、応募の受理や受賞を取り消す場合があります。
・受賞者には受賞発表後、紹介用写真の提供、本賞の広報・PR 等へのご協力をいただきます。
・応募書類等及び応募・審査の過程で提供を受けた各情報は、募集・審査・表彰の目的で事務局が使用するほか、審査関係者に限り提供する場合があります。

(8)問合せ先

内閣官房デジタル田園都市国家構想実現会議事務局
冬の Digi 田甲子園担当 菊池、大河原
TEL(03)5253-2111(代表)37147、37161
Email:k.digiden.x4t@cas.go.jp