ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 企画振興部 > 交通政策課 > ✈✈大分空港における感染症対策について✈✈

本文

✈✈大分空港における感染症対策について✈✈

印刷ページの表示 ページ番号:0002121145 更新日:2020年12月8日更新

大分空港では、空港を安全・安心にご利用していただけるよう、日々、感染症対策に取り組んでいます。

皆さまも空港ご利用の際は、出発前の体調確認やマスクの着用など、感染防止対策にご協力をお願いいたします。

大分空港

 

 

航空会社の取組について

航空会社においても様々な感染防止対策を実施しています。

<航空機内>

○客室内の空気は、常に機外から新しい空気を取り入れ、約3分ですべての空気が入れ替わります。
○機内で循環する空気は、病院の手術室にも使用されている高性能なフィルターでろ過され、清潔に保たれています。

<各社の感染防止対策>

日本航空(JAL)

全日本空輸(ANA)

ソラシドエア(SNJ)

アイベックスエアラインズ(IBX)

ジェットスター・ジャパン(JJP)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)