ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育 > 青少年の健全育成 > 子どもの科学体験 > 大分県からノーベル賞を!令和4年度体験型子ども科学館O-Laboオープニング講座開催

大分県からノーベル賞を!令和4年度体験型子ども科学館O-Laboオープニング講座開催

印刷用ページを表示する掲載日:2022年5月17日更新

体験型子ども科学館O-Labo オープン

 O-Laboは、大分県教育委員会が子どもの科学や技術に関する興味・関心や探究心を育むために設置する科学体験スペースです。実験や観察、ものづくりなどを通して、科学の不思議さ、面白さを学ぶことができます。13年目を迎える今年もより多くの子どもたちに充実した科学体験を提供していきます。                                        

 今回は、5月14日(土)に開催しましたオープニング講座についてお知らせします。

O-Laboホームページはコチラ → O-Laboホームページ               

(1)オープニング講座  水の力を感じよう!1滴の水のもたらすパワー体験               

 今年度のオープニング講座は、講師に東京理科大学教授 山本貴博先生を迎え、「水の力を感じよう!1滴の水のもたらすパワー」をテーマに行われました。ボルタの電池の原理を利用した、新素材のカーボンナノチューブを使った電池の作製とLEDの点灯実験をしました。

山本貴博 先生  受講者の様子                    
      山本貴博 先生                 受講者の様子

(2)今年のO-Laboについて

 大分会場での通常講座に加え、中津、日田、佐伯、国東・豊後高田・姫島、竹田・豊後大野、臼杵・津久見教室を引き続き開催します。さらに今年はより多くの皆さんへ講座を届けるために「宇佐」、「杵築・日出」、「由布・九重・玖珠」教室を開講します。

 専門的・先進的科学技術を系統的に学ぶための講座「STEAMラボ」は「エネルギーの未来」をテーマに受講生を募集します。また、ドローンを活用したプログラミングのシリーズ講座や高校を会場に、高校生が先生になって実験や観察を行う講座を企画しています。

 さらに、中学生を対象にしたハイレベル講座「みらいの教室」を開講します。詳しい内容は今後配布されるチラシやホームページで確認してください。自宅等から動画を視聴しながら講座を体験できる「WEBラボ」も新しいコンテンツが追加されるのでお楽しみに。今年も多くの皆さんの参加をお待ちしています。

 施設内には、JAXAや日本科学未来館等と連携した企画展示のほか、ドローンやプログラミング教材、顕微鏡等を設置しており、来場者が科学に触れ、遊んで、学ぶことができるようにしています。皆さんの御来場をお待ちしています。

 詳しくはO-Laboホームページを御確認ください。