ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育 > 青少年の健全育成 > 子どもの読書活動 > 「生涯を通じた障がい者の学び支援事業」に係る職員研修について

「生涯を通じた障がい者の学び支援事業」に係る職員研修について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年9月26日更新

県教育委員会は今年度より「生涯を通じた障がい者の学び支援事業」を実施しています。

人材育成を目的にした「第2回公民館テーマ別研修会」を実施しました。

 

【第2回】公民館テーマ別研修(令和4年9月16日(金))

 

 午前中の演習「障がい者スポーツを体験しよう」では、「あすぴあおおいた」様のご協力により、大分県身体障害者福祉センター体育館他で

ボッチャ、卓球バレー、フライングディスクを体験しました。

講師の先生にわかりやすいルール説明をいただき、参加者は和気あいあいと楽しみました。

 昼休みには株式会社オートバックスセブン様のご協力により、ドローンサッカーを体験しました。

 

 研修の様子
 
ボッチャを初体験した方も多くいました ボッチャ2

※ボッチャのルールはシンプルですが奥が深いです。  白いボールに近い方が高得点です。

 

フライングディスク  フライングディスク2

※フライングディスクは、的の中をくぐらせて得点する競技と、飛距離を競う競技の2種類です。

卓球バレー①  卓球バレー②

※卓球バレーは座って行います。白熱して思わず腰が浮くと、「ピッ!」相手に点が入ります。

 

ドローンサッカー用のドローン ドローンサッカー

※ドローン操作は初心者でも楽しい!昼休み返上で楽しみました。

 

午後からは、「公民館が行う知的障がい者支援講座」と題して、兵庫県のNPO法人「ぷろじぇくとplus相談スペースボッシュ」の相談支援専門員 足立志津子さんの講義をいただきました。その後ワークショップを行い、講座を実際に計画してみました。

zoom 講義 

※画面越しでも足立さんのパワーと熱意が伝わってきました。18年間の豊富な取組と実践のコツを紹介していただきました。

熱心な討議をいただきました 太郎良

※熱心な議論をしていただきました。