ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > イベント等における感染防止対策について

本文

イベント等における感染防止対策について

印刷ページの表示 ページ番号:0000210629 更新日:2022年2月21日更新

催物(イベント)について

表

 令和4年2月21日にまん延防止重点措置区域の適用が解除となりました。今後、5,000人超かつ収容率50%超のイベントを開催する場合は、県へ「感染防止安全計画」を提出していただくことになります。それ以外の場合は、人数上限5,000人または収容定員の50%いずれか大きい方かつ収容率の上限を50%(大声あり)または100%(大声なし)とします。この場合、県が定める様式にもとづく感染防止策等を記載したチェックリストを主催者等が作成・公表してください。

 なお、イベントの開催にあたり、必要な感染防止策等の実施や業種別ガイドラインの遵守など引き続きよろしくお願いいたします。

国事務連絡(基本的対処方針に基づく催物の開催制限等) [PDFファイル/1.53MB]

感染防止安全計画について

(1) 対象

 参加人数が5,000人超かつ収容率50%超のイベント

 ※参加者を事前に把握できない場合は、イベント主催者等が想定する参加予定人数が5,000人超の時、収容定員が設定されていない場合は、原則、安全計画策定の対象となります。

 

(2) 提出先

 イベント開催の2週間前までに下記にメールにて提出してください。

 宛先 大分県感染症対策課 企画・広報班 oita-kansen03@pref.oita.lg.jp

 メール標題には「感染防止安全計画の提出について」と記載してください。

 

(3) 参考様式

 感染防止安全計画様式 ワード版  [Wordファイル/32KB]

 イベント開催等における必要な感染防止策例 [PDFファイル/978KB]

 

(4) 実績報告書の提出

 イベント終了後、1ヶ月以内に、結果報告書を提出してください。

 結果報告書様式 エクセル版 [Excelファイル/19KB]

 提出先は上記と同様です。なお、クラスターの発生や感染防止策の不徹底等の問題が発生した場合、直ちに結果報告書の提出をお願いすることがあります。

 

 

その他のイベントについて

 安全計画を策定しないイベントについては、引き続き、感染防止策への対応状況のチェックリストを主催者等がHP等で公表し、イベント終了日から1年間保管することとしてください。

   チェックリスト [Excelファイル/52KB]

   ※施設や業界団体等が定めたチェックリスト等の添付でも可

(参考)イベント開催時の必要な感染防止策

   コンサートホール内等の飛沫感染リスク(富岳シミュレーション) [PDFファイル/410KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


保育士・放課後児童クラブ等の皆様へ